産後セックスレスに悩んでいる人へ|関係を修復する方法とは

様々な問題がある

悩む女性

気持ちが乗らない場合

やっと子供が生まれ、幸せな毎日が待っていると思いきや産後ということでホルモンバランスも崩れていますし不安定な状況です。また、子供の世話で手がいっぱいなので性行為をする余裕すら生まれないでしょう。夫側の性欲は溜まる一方なので誘ってみますが、心理的な部分で断られることもあります。このような状況が長く続くと、夫も嫌気がさし、夫婦の溝が深まるばかりです。母親としての役割を果たすため、身を削って子育てをしている最中ですが、そんな時こそセックスレスになる可能性が非常に高くなります。産後は特に心理的や肉体的にも負担がかかってくるので、それを理解した上で夫側も優しさにあふれる対応をする必要が出てきます。

あそこの問題もある

産道を通って出産をした場合、会陰切開をすることがありますがその影響でセックスを再開することに戸惑いを見せる女性も少なからずいます。一般的に会陰切開の数は一週間で完治するものですが、負担を考えると一か月は様子を見る必要があるでしょう。ゆっくりと考える時間を与えることで性行為へ前向きになることができますし、産後のセックスレスを未然に防ぐことが出来るようになります。仮に会陰切開をした一週間後に性行為を再開する場合は、激しい動きとローションを使用した行為をなるべく避けることが妻への気遣いになります。

体系を気にする人もいる

妊娠と出産を経て、鏡を見ると体系が崩れていることに落胆します。また、細いままの姿じゃないので夫に愛想をつかされてしまうのではと考える女性も少なくありません。それらの条件が合致するとセックスへ積極的になれなくなるため産後セックスレスになる可能性が極めて高くなるのです。他にも膣のゆるみや乳首の色が気になってできないという理由もありますのでこの場合は専門医への相談が一番です。

再開と気になる事

普通に仲良く暮らしていても、産後セックスをしていない期間が長い事に驚く夫婦も少なくありません。産後は特にセックスレスになる傾向が強くなりますから、対策のためにいつ頃再開しているか知りましょう。

読んでみよう

再開をするポイント

そろそろ産後のセックスレスから卒業したいと考えますが、中々タイミングがつかめず今に至るというケースもあります。産後セックスレスがいつまでも続くと関係が悪化する可能性があるので注意が必要でしょう。

読んでみよう

離婚を回避する

産後に陥りやすいセックスレスは、解消しないとコミュニケーション不足が生まれてしまい、浮気の原因を作ってしまいます。最悪セックスレスで離婚になるケースもありますから気を付けましょう。

読んでみよう